子供の頃の夢を忘れずに
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新年度になる
あと2日で4月・・・新年度なんですよね。
1月下旬からの約2か月は、ほとんど何も出来ずに
無駄に過ぎてしまったような、ハァ〜情けなや。

いっそ新年1月スタートではなく、4月の新年度スタートで
気分を切り替えて行こうと思います。

気になっていた講座の内容は、私にはチト難しいようです。
初心者向きのものが、始まるまで待ちます。
それで
〆まで習っていたのを自主練習をしようかと計画中。
運動も中途半端で、体力が戻っていないようなので
 当分は昇降台を少しずつ・・・2垳困辰討い紳僚鼎發い弔隆屬砲
 戻ってしまっていますから、頑張らなくっちゃ!
2箸涼罎罰芦鵑蠅諒劼鼎韻鬟椒船椒舛
ぬ蟻霧いに気をつけて、なるべく見分を広める為(何を今更!?)に
 興味のあるものは出かけて行くつもりです。
 偶々、ネットで見つけた方のブログでは、その行動力に脱帽でした。
 中東や南米などを「半バックパッカー」の女性一人旅の記事に
 ここ何日か読みふけっていました。
 ペルセポリスやパルミラの遺跡の記事を読むと、嫌でも旅心が・・・。


 
花束、そして
お花をもらいました、Y吉からです。

   0329f.jpg

ウーーーン、オバチャンには可愛らし過ぎるみたいですけんどネ。

そして、ケーキもヤッタv
いつものお店のケーキです。大きさが18僂任垢、生クリームで
もっと大きく感じられ、とてもじゃないけど残るよね〜と
思いました。
   0329c.jpg

けれども今日の分はとても軽く、口の中で溶けてゆくような。
ごちそうさまでした!!
図書館から借りた本
また、用意が出来たと連絡があたったので
次から次に・・・困ったザンス。

   0329.jpg

‘本服飾史 女性編
 井筒雅風 著
 光村推古書院 刊
▲椒は坊さん。
 白川密成 著
1鵑いΔ拭 ー圭集淒覚え書
 徳川元子 著
 講談社 刊
どにもまけず粗茶一服
 松村栄子 著
 マガジンハウス 刊

,狼都の風俗博物館に行きたくなったので
 なにか本がないかなと。
後はなんとなーく選んだ本です。
田辺聖子さん
今日は、田辺聖子さんのお誕生日(1928年3月27日)
御年89歳です。

「賢母」だったお母さまは、100歳を超えるまでご存命でした。
新しい本は出ませんが、それでも長生きしてほしい方です。
片付け
片づけを、ひとつずつ確実にをモットー?に。

ようやく諦めがついたようなので、映画「アフターラブ」前売り券の
払い戻し問い合わせのメールを出しました。
公開がされるのかはっきりしないことには
確か1,500円だったかな×の3枚なので、このままうっかりと
失くしたり忘れかねないしもので・・・でも、とても残念。

いくらか気分も良くなったので、病院へ。
食料品も買い足して、今晩の献立は麻婆豆腐と残り物の予定。

今、いつも外出に来ているコートの替えが欲しいのですが
ハア、今月も短いけれど旅行をしているので
節約、節約です。

4月からは、もう少し健康的に毎日を送りたいと
切に願いますよッ!!
図書館から借りた本
せっせと借りるだけは借りておりますが・・・

   0326ni.jpg

_畔の行方  美術品が語る名家の明治・大正・昭和
 小田部雄次 著
 小学館 刊
安倍三代
 青木理 著
 朝日新聞出版 刊
歳月がくれるもの まいにち、ごきげんさん
 田辺聖子 著
 世界文化社 刊
つ香宮家に生まれて  侯爵夫人・鍋島紀久子が見た激動の時代
 北風倚子 著
 PHP研究所 刊

,魯競辰汎匹澆泙靴燭、もう少し詳しい内容が欲しいかな?
表紙を見ただけで、本当に安倍首相は人相が悪いナァ〜
ついでに麻生副総理も、この方は顔も物の言い方も。
い郎寛貉圓埜たお雛さまの持ち主の紀久子女王はどんな方?
は本当に久しぶりに、田辺さんの本を読みたくなり
たぶん最新の本かな?というので、でも読んだことがあるような・・・。
そろそろ、要復活!!
今日も今日とて、寝倒しておりました。

こんなこっちゃいかんとは、いつもながら反省しながら
やはり身体が動きまへん。
それでも何かしないとね〜と・・・。

先日の片づけで出て来た「これなるモノ」
   0326iti.jpg
10数年前のイタリア旅行で、買ったものなのですが
長さが計ってみると、約100僂發△辰!?
たぶん、ドアストッパーかドアの下からの隙間風が入らないように
使うのか、クッションだと無駄に幅があり過ぎのようですからネ。

パンヤを入れて使うか、それとも二分割にして
違う素材のクッションにアップリケのように縫い留めても
いいかなと考えています。

そろそろ新年度にもなりますので、いつまでも愚図愚図している訳にも
いきませんと、本日も反省しているポーズで終了ス。
不調です
昨日は少し元気も出たようなので、難物の物入れなどに
手をつけてみました。
ところが途中でなんかオカシイ?と気が付きました・・・
ハァ〜、熱が出てます。

それで今日も用心をして病院には行かず、一日中寝てました。

阪急梅田限定とかいう、お菓子です。
   0324.jpg
「横綱」とかいう名前で、ウーーーム感想は格別ありません。
アンティコローズのフルーツソーサーかな?
手元に置いておこうかどうしようかと迷っていますので
試しに使ってみました。
宿題その1
気がかりの用を、ひとつ片づけました。
このところ不調続きで、寝込んでおりましたが
いつまでも放ったらかしにしていても、誰に頼むわけにも
いかず、自分のことだもんね・・・ようやくです。

ついでに図書館にも寄り、食料品を買い込みまして
あとはちょっとずつ頑張ろうっと。
図書館から借りた本
読む気力があるのかと思いつつ・・・

   0323b.jpg

”見宮   もうひとつの天皇家
 浅見雅男 著
 講談社 刊
日本橋バビロン
 小林信彦 著
 文藝春秋 刊
6綵熟伺なんて、あっという間でございます
 −高松宮宣人親王妃喜久子殿下との思い出ー
 岩崎藤子 著
 雄山閣 刊

,鷲見宮家の人々のことを少し読み、ハァ〜?と感じまして。
 どんなことが書いてあるのかなと、好奇心いっぱい。
の著者岩崎さんは、大久保利通の孫に当たる人だそうです。

ワタクシ、系図とか閨閥が好き・・・ただのモノ好きなんですけどネ。